×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パーフェクトグリーン

中学生から美白を考える

小学生の頃はまだしも、中学生になり、異性を意識しだすと、自分への興味も高まってきます。
女の子だと、美白について興味を持ち出す人も増えてくるでしょう。

 

昔に比べると、今は紫外線の量が増えているため、中学生くらいからきちんとケアしておかないと、大人になってから後悔することになりかねません。
毎日の通学、体育の授業、部活など、中学生は大人に比べて紫外線に当たる機会も多いものです。

 

まったく日光に当たらないという方法では、健康にとってもよくありません。
極端な方法は、それはそれで問題が生じてしまいます。

 

中学生からの美白を考える上で一番考えたいのは、やはり紫外線対策です。
UVケアが最も基本となるのではないでしょうか。

 

紫外線は一年中降り注いでいるため、日光が強くなる夏だけでなく、冬でもしっかりと日焼け止めを塗っておきたいものです。
冬ならSPF15〜20、夏ならSPF30〜50の日焼け止めを使うのがいいでしょう。
中心に塗るべき場所は、やはり顔のTゾーン、あるいは頬です。

 

また、混同しがちですが「美白ケア」と「UVケア」では意味合いが変わります。
美白ケアはメラニンへの対策、UVケアは紫外線への対策となります。

 

美白ケアの化粧品となると高価なものが多く、高いものだと1本1万円以上は当たり前ですので、さすがに中学生には簡単に買えるものではありません。
ドラッグストアにはもっと安いものもありますが、効果は薄いといわざるを得ません。
そのため、中学生の間はUVケアを中心に考えることが重要です。